Resfala2014

記事一覧(42)

Preparations for win

こんにちは!Resfala広報部です!いよいよ4月10日は都リーグ開幕戦です。これまでやってきたことの集大成です。オフからの一番のチームの変化は、新メンバーの加入です。この新メンバーと戦い、今季はより一層強いResfalaを皆さんにお見せしたいと考えています!新しい選手に関しては後日、選手紹介を復活させますので、乞うご期待!ということで、今回お伝えしたいことは、新しい選手の紹介!ではなく…オフの期間、Resfalaが何をしていたのか?どんなことがんばったのぉ~?休んでたんじゃないのぉ~?そんなことありません!例えばフィジトレ!田中選手のもとトレーニングを積むことにより、運動量が増えた選手がいます。https://resfala2014.themedia.jp/posts/560766その他にも球際の強さも手に入れました!1プレーの細かいところですが、そこが強くなるとチーム力もあがりますね。次に戦術面!試合後にはメンバー同士で話し合い、納得いかなければ個人で話し合う場面も随所で見受けられました。チームの結束力にも磨きがかかった、今季のチームはまさに見ものです!そして最後にチームに対する意識!森キャプテンをはじめ、Resfalaの理念をうまくメンバーに伝えることにより、メンバー全員が同じ方向を向いています。これも前回紹介した、ミーティングの賜物ですね!https://resfala2014.themedia.jp/posts/606670

Physical coach

こんにちわ!Resfala広報部です!最近はめっきり寒く、また花粉症の人が辛そうというよくわからない気候ですね!さて、いよいよ都リーグ開幕まで1月と少しになりました。今回、ブログで紹介させていただきますのは、「Resfalaの特徴」についてです。一番の特徴としては、私たちは「再挑戦」を合言葉に活動しているということですが、「Resfalaって、サッカーチームだけど、ほかのチームとなにが違うの?」そんな声をちらほら頂いております。その違いの一つとして、実はResfalaにはサッカーの初心者が数名おります。今回はそのサッカー初心者の1人がもたらすResfalaでの活躍についてご紹介いたします。その人の名は、『田中俊』選手。以前にも選手紹介いたしました。https://resfala2014.themedia.jp/posts/330904以前にもお伝えしましたが、彼は元陸上選手です。その実績は陸上競技100mで、2年連続インカレ出場という輝かしいものです。その持ち前のスピードから、彼はなんと選手紹介後、都リーグ最終節の大事な1戦で貴重な追加点をあげた選手です。そんな田中選手に今回インタビューしてみました。Q.なぜ26歳でサッカーはじめようと思ったのでしょう?実は高校時代からサッカーがやりたかったが、陸上をやっていたために断念しました。高校の陸上は不完全燃焼で終わったため、大学でも陸上部に入部しました。社会人になって、鶴さんに誘われて行くことになったが、Resfalaは経験者ばかりで驚いきました。しかし本気になれる環境に惹かれました。自分ももっとうまくなりたいです。Q.今、Resfalaで任されていることはなんでしょう?「チームのメンバーの脚の悩みを解決すること」脚が早くなりたい、持久力をあげたいなどの、要望に応え、みんなのパフォーマンスを上げること。毎日練習できるわけではない社会人の中で、みんなの個の能力を伸ばすには、必須であり即効性があると思っています。サッカーにおいて、脚が速く、体力があるに越したことはないと考えています。そのために、毎週水曜のフィジカルトレーニングは自分主導で動いていっています。Q,今後取り組んでみたいことはありますか?これからみんながフィジカルトレーニングをやるにあたって、悩みが人それぞれなので個別に教えられるようになりたいです。そして、「走れるチーム」を創り出したいです。Q.これからのResfalaの理想像について聞かせてください。自分の役割の範囲では、走れるチームを創り出し、サッカーの技術的にも秀でたチームになることを目標にしたいです。今年はまず4部優勝すること。全勝するために、圧倒的な実力がないと無理なので、そこはフィジカルトレーニングを力に達成したいです。

First step toward dream

こんにちわ!Resfala広報部です!遅ればせながら、あけましておめでとうございます。今年も何卒よろしくお願いいたします。みなさんの今年の抱負はどんなものでしょうか?某広告会社のネットニュースには、2016年の抱負で多かったものは、男女ともに「貯金」が1位だったそうですよ!抱負というのは、今年1年をこんな年にしたいなぁという意味合いの強い言葉ですよね。チームの抱負というものは、まさに今季のスローガンとなるものですね。さて、Resfalaの今年の抱負(スローガン)ですが…、『絶対昇格』です。『絶対』とは、「どうしても。何がどうあっても。」という意味ですので、つまり簡単に申しますと「なにがあっても、3部に昇格してやるんだぁ~!」ということになります。ご存じの方も多いかもしれませんが、私たちは今「東京都4部リーグ(以下:4部)」に所属しております。「東京都3部リーグ(以下:3部)」に昇格するにはどうすべきなのでしょうか?それは《4部で優勝》するしかないのです。ちなみ昨季は3位でした。昨季も一生懸命やりました。それでも3位でした。今季からは代表とキャプテンが代わり新体制で臨みます。前回選手紹介に登場しました、お二人で、代表は昨季キャプテンをしていた久野選手。キャプテンには、昨季チーム内得点王の森選手が担います。そこで今回、早速聞いてみました!!Q.どうやったら3部に上がれるの?教えて新キャプテン!(森選手を知らない人は下記の選手紹介をどうぞ!書いててよかった!笑)→https://resfala2014.themedia.jp/posts/149894A.チームの雰囲気作りが重要だと思います。家族の話、友人の話、彼女の話。仕事や学校の話なんか、そういうことをなんでも…そういったことが話せる関係の方が、チームとしての一体感は強く、同じベクトルで目標に臨むことができると思います。Q.なるほど!ではその雰囲気作りのために、望むものってなんでしょうか?A.気が配れるメンバーが増えること。ピッチの外でなんでも話せる雰囲気作りをするために、気を配れるメンバーはどうしても必要になります。またそういったメンバーがいないと勝ち続けることは難しいでしょう。そしてサッカー面で言うと、『気配り』はポジショニングやパスの強弱で、その意識が現れるので、勝てるチームには不可欠な要素です。今よりもっと輪を広げて、全員としっかりコミュニケーションを取りたいです!